FXと各金融商品との関連性

株式市場と為替の関係について

株式市場と為替には大きな関係があります。一般的に為替が円安ドル高になると、日本の株式市場は上昇していくことになります。また円高ドル安になると、日本の株式市場は下落していくことになります。こうした株式市場への影響は、ここ何年も続いていることが特徴です。またヨーロッパの通貨に対しても同様であり相対的に円が海外通貨に対して円高になることで日本の株式市場は下落していくことが一般的な傾向です。

 

この要因としては海外投資家が日本の株式市場で多く投資をしていることが考えられます。また実体経済として、円安傾向になると日本の大企業が輸出で収益を上げているので、為替が収益に大きく影響するようになります。為替の円安で日本の大企業が輸出で収益が改善することで、株式も多く買われるようになり日本の株式市場が上昇するようになります。

 

今後の株式市場はこうした傾向が続くと専門家は予想していますが、円安がどこまで株式市場に影響していくかは誰にも予想はできません。円安が日本経済に与える影響は様々な面にあるのでよい面ばかりでもありません。現在は株式市場をみる場合為替の動向に気をつけるのは基本的な事です。また昨年末からの円安傾向は日本の株式市場には好材料です。

債券市場と為替の関係について

債券市場と為替は実に密接な関係があります。例えばドル円の相場でいいますと、基本的にはアメリカの債券市場で10年もの国債の利率が上がりますとドルが買われることになります。またみんなが債権を買って利率が下がることになると逆にドルは売られ円が高くなることがあります。

 

ただし、こうした一般的な相関関係がある時期と、まったくリンクしない時期があるので注意が必要です。たとえば直近のドル円相場は債権の金利とはまったくリンクしなくなっており、それと関係なくドル円でドルが上昇するといった動きになっていることがあります。こうしたように一般的に説明ができる動きをするケースと他の要因でリンクしないケースが発生することは気をつけておく必要がありそうです。

 

また主要国の債券は市場に懸念事項がひろがり、リスクオフとなると株式や商品といった市場が安全資産である債券に流れ込むことになるため、金利の低下につながることがあり、これが為替に影響を与えるといったことが、過去にも何回もおこっています。その典型的な債権がアメリカの国債ということになります。いずれにせよ、債券市場と為替相場は密接な関係をもって動いていると考えおく必要があります。

商品市場と為替について

商品市場と為替というのは、金融取引の中核をなすものなんですよね。商品市場と為替市場というのもけっこう密接にくっついていて、関連性があるんですよね。その理由はですね、商品(コモディティというやつですね)の値段とか為替の値段(円安とか円高とか)と、債券や金利はつながっているからですね。

 

是非ですね、FX(外国為替証拠金取引)をすることによって生活をしていくのであれば、次のことを覚えておいてくださいね。相場ではあるパターンが一定のリズムで発生することがあるんですよね。自分にとって勝ちやすいパターンを認識しながら、そのパターンが発生することを待つのですよ。

 

そして、そのパターンがきたら注文すればうまくいく確率が結構高いんですよね。是非ですね、FXで勝つためには、より多くの情報の中から、儲けるために重要な要素を取り除いてディーリングするんですよ。いろいろな分析ツールがありますが、そういったものを参考にするのも良いですが、無料で学ぶ方法もありますよ。例えばですね、FX業界で稼いでる人のブログをじっくり読んで分析してくださいね。そうすれば、もしかしたらその人たちを追い越せるかもしれませんからね。その可能性はありますよ。